Home > スポンサー広告 > 参加料改定のお知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://cfm2010staff.blog18.fc2.com/tb.php/8-28911c1b
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from CRAFTS FAIR MATSUMOTO OFFICIAL STAFF BLOG

Home > スポンサー広告 > 参加料改定のお知らせ

Home > お知らせ > 参加料改定のお知らせ

参加料改定のお知らせ

参加料改定についてのお知らせ

平素より「クラフトフェアまつもと」および「NPO法人松本クラフト推進協会」の活動にご賛同をいただきありがとうございます。

さて、26回目の開催を迎えるフェアですが、ここ数年来場者の増加にともなう会場周辺の交通対策が急務になっている事は、お伝えしてきた通りです。加えて参加者のみなさまをはじめ、マスコミや外部団体からの問い合わせ等、事務社業量の著しい増加もあり、「みなさまからの応募料と参加料」だけが財源であるフェア予算の中では、やりくりの限界がきています。前回の開催より松本市からの助成により臨時バスの運行を導入し、専従スタッフも増員しましたが、すべてが解決したわけではありません。

25年前「作り手の作り手による」イベントとしてスタートし、そのスタンスは変わりません。しかし、参加者と開催者という立場の二極化が進んだ上、規模の拡大による社会的責任の増加も著しく、もはや「がんばってなんとかする」の域を超えてしまいました。実行委員にはほとんど報酬もなく、それぞれの人の良さだけがタノミのツナ。まるでクラフトの魔法にかかったかのように、作業に追われています。ときには「何のため?モード」に陥ることもあります。しかし、日本のクラフトムーヴメント発祥の地「あがたの森」に立つと、ともかく25年続いたという事実に自信を取り戻します。最近は20代のスタッフも増え、がんばっている姿を見ると「繋がってきたのかな」元気も出てきました。話し合いを重ねた結果、一過性のイベントではなくきちんと発信すべきメッセージを携えた「これからのフェア」を参加者とともに創っていこうと、方向性が定まりました。加えて「補助金だのみ」ではない「独自運営」をめざし、財源確保の努力を怠らず、ファンのみなさまへのアナウンスをより活発に行なうこととしました。

今回より出展料を値上げいたします。見込まれる増収はおよそ100万円です。主に専従スタッフの為の人件費に充てられます。このことをあえてお願いとは申し上げません。「作り手の作り手による」という原点に戻り、クラフトフェアまつもとは、参加者のみなさまが作っていく場である、ということをご理解いただきたいと思います。

松本クラフト推進協会 代表理事 伊藤博敏
クラフトフェアまつもと実行委員長 大島建一
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://cfm2010staff.blog18.fc2.com/tb.php/8-28911c1b
Listed below are links to weblogs that reference
参加料改定のお知らせ from CRAFTS FAIR MATSUMOTO OFFICIAL STAFF BLOG

Home > お知らせ > 参加料改定のお知らせ

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近のコメント
最近のトラックバック
検索
Meta
リンク
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。