Home > 2011年01月

2011年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

シフォンフォン

こんばんは~。ちえだす。

フェアの応募が始まり、20日が経ちました。
ここクラフトステーションの郵便受けもだんだんと賑やかに。

ビッグウェーブ間近。
じゃーじゃん・・・じゃーじゃん・・・じゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃ
(↑ジョーズの感じで読んでみよう)




今年に入り、作家さんの姿もちらほら。
先日は陶磁器作家、スミレ研究所の金井三和さんが。
三和さんはフェア名簿「掌(たなごころ)」の編集委員でもあります。

手には応募用紙。
…と、お土産の手作りシフォンケーキ

!☆♪☆♪!


さっそく、おやつの時間にいただきました。
ちょうどステーションに立ち寄った田中一光氏と人場研の一瀬あやちゃん、ラッキー!



110123_1534_0001.jpg

この写真はひじょーに残念な感じだけど・苦笑


ふっくらふわふわ、ほわーんとゆずの香りがしてやさしい味^^
型の端っこについた香ばしい部分をとって食べたくらい
おいしかったー。(←食い意地がはってる)

おいしいものはほんと幸せな気持ちになるねー。



三和さん、ごちそうさまでした!
ありがとう♪





クラフト・フェア応募用紙と、ハッピー・アイスクリーム。

こんにちは。キクチです。

今日は、おやき(長野らしいですね。)の差し入れを持って、事務所にお邪魔しました。

着いた途端に、目にしたのが・・・。

そう、たくさんのフェアの応募用紙が送られてきていたのでした。

20通ほどでしょうか。

昨日、伺ったときには、何通かだったので、その数の差にびっくりしてしまいました。
でも、そうですよね、昨年は約1400組の方の応募があったそうですから・・・。

そんなわけで、開封作業のお手伝いをしました。

まず、応募用紙を切ってしまわないように、はさみで丁寧に開封。
用紙と申し込み料金の確認をします。
封筒に、日付とチェックを入れます。
その後、パソコンに打ち込みをします。

全て手作業です。

ワックス・ペーパーにかわいいマスキング・テープで手づくりされた封筒や、紺色のインクでスタンプが押してあるものなど、うれしくなってしまうようなものもあったり。

ちょっとしたお手紙が入っていたり。

そうそう、昨日は別件でお邪魔したのですが。

あるスタッフさんが、「ハッピー・アイスクリーム!!」と言うのが聞こえたので、なんだろうと思っていたら・・・。

複数のひとが、同時に、同じせりふを言ったときに、いち早く競って言う(叫ぶ?)せりふだそうで。
なにかの小説で読んだような気がするのですが、云われが思い出せないのです。
確か、外国の習慣的なものなんですが。

それにしても、かわいいせりふです。今度、言ってみたいけれど、ちょっと照れてしまいそう。

「ハッピー・アイスクリーム!!」、次こそは、叫んで(?)みます。
はやらせたいなぁ。

フェアDM撮影




こんにちは。ちえだす。
今日は久しぶりのぴかぴか天気。
さっそくDM用の写真撮影に行ってきました。

作品と一緒にフェア会場の「あがたの森公園」にお出かけ。
ここクラフトステーションと公園は目と鼻の先。
まずは正面入口で。

作品自体が軽いから、でこぼこ地面でコロリンと転がる。
両面テープで固定。
手がかじかんでうまくつけられない。
ちょっとの風でもコロリン  「なんで~」と小さくツッコミながら撮る。

寒空の下、ひとり地面に這いつくばる女子の姿…
端から見ると異様な風景だろう。
けど、そんなことはお構いなし。
「真冬の地面は冷たい」 
当たり前のことを新鮮に感じつつ、ひたすら撮り続ける。

途中、犬を散歩中のおじいちゃんが
「具合悪いの?」
と心配して声をかけてくれた(笑)。
そのちょっとした一言がうれしいねぇ。。



今日はひとまず撮影終了。
あとは寺下先生に見てもらうのを待つだけ。

さて、反応はいかに…!?


110119_1346_0001.jpg






だれかと一緒にものをつくること。

おはようございます。キクチです。

雪の降ったあとは、少しだけれど寒さがゆるむみたいです。

昨日は、日差しがあたたかったので、久しぶりにお布団を干しました。ぬくぬく~。

そして、南向きの私のおうちで、友人とマンツーマンで編み物教室をしました。

あたたかい日差しのおかげで暖房いらず、ぽかぽかの空気のなかでの編み物は、のほほーんとしていてしあわせ。

冬の楽しみですよね。

お花のモチーフを編んだのですが、私はブローチにするものとばかり思い込んでいたのです。

でも、その友人は、「吊り下げてモビールにしたら、かわいいよね・・・。」

おぉ、確かに!!

そんな風に、ひとと一緒にものをつくると、新しい発見とかアイディアがあって。それは、ひとりではできない魔法みたいなもので。

つくることがもっと楽しくなる。

ものづくりって、いいなぁ。

そして、ものづくりに限らず、例会でみんなで話し合いをしながらフェアをつくっていくことも、きっと、この魔法がかかるのかも?、と思いました。

だって、フェアもみんなでつくっていくもの。
出展者の方、来場者の方、そして私たちスタッフ。だれが、どう考えるかで、フェアの色も雰囲気もがらりと変わってしまうはず。

だから、今年も、素敵な魔法がかかるように、楽しんでいこうと思います。

箱のなかみは・・・?



フェア実行委員でもある木工作家の KEN/NEL 寺下くん。
ここ2年ほど、フェアDM用の作品を担当しています。



110116_1651~0001

↑前回のDM
ほのぼのやさしい作品が寺下くんらしい。。



その寺下くんがこの間、次回の作品をもってきてくれました。
納品当日の朝まで作品作りをしていた と半分へろへろになりながらの登場。
(おつかれさまでした。。。)

こじんまりしたと箱の中から作品が。




110116_1604~0001

ちらり


お楽しみはあとにとっておきましょう。
あまりのかわいさに思わずわーわーとさわいでしまった
とだけお伝えしておきます。うひひ。(←いじわる)


ちなみに今回の写真はわたし、ちえが担当いたします。
あとを引き継いでがんばるぞい。





こんにちは。ちえです。
私は今年入ってはじめてのブログございます。

今年もぶらぶらと散歩をするように
フェア周辺のぐるりをつづっていこうと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。




2011年フェアの募集が始まって6日経ち、
応募用紙がちらりほらりとやってきてます。

昨年の応募数は1400通。
…ということはこれから先一気に応募ビックウェーブがやってくる。
のだ。

どどーん





そして毎度の話題ながら、ここクラフトステーションは冷蔵庫の中のよう。
台所は外なんじゃないかと思うくらい。

スタッフ和美ちゃんは、台所にダウンジャケットを着て降りて行き、
ステーションの母まりさんは気合いを入れて一服しにいく。
暖房がかかる部屋のなか、
コトウさんは歯をくいしばりながら息をして、
私はといえば湯たんぽを持ってきて、足元に置く。

・・・サバイバル・苦笑



外は雪。
今日も1日がはじまる。










1月の例会がありました。

こんばんは。キクチです。

昨日は、1月の例会がありました。

CIMG3045_convert_20110109204330.jpg

ストーブをガンガンたいて、クラフト・ステーションのギャラリースペースに大机を出しました。日差しはあるけれど、寒い寒い。

実は、この机は、昨年の「工芸の五月」のために木工作家さんにつくっていただいた什器(展示台などのことです。)なのです。

今は、クラフト・ステーションで大活躍中!折りたためるので、本当に重宝します。みんなで作業したり、お昼のお弁当を食べたり。

そして、昨日はというと、昨年のクラフト・フェアに応募していただいた約1400組の方に、今年の募集要項の書類やクラフト新聞(今回はまた格別にかわいい。色合いとか、かすれ具合とか。)をお送りするための発送作業をしました。

書類を組んで、封筒に入れて、のりづけして。

CIMG3047_convert_20110109204425.jpg

今回は、液体のりではなくスティックのりが導入!やった!!
一本があっという間に終わるおわる。

私は、五組を一気に封するので精いっぱいなのに、ふと横を見ると、十組以上をこなす方が・・・。
精進します。

その後、お弁当を食べながら、プチ打ち合わせや書類の文面チェックをしました。

最後に、応募締切前後の開封作業のシフトを組んで。

お疲れさまでした!

Home > 2011年01月

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近のコメント
最近のトラックバック
検索
Meta
リンク
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。